余裕を持ったキャッシングの利用を

キャッシングを利用するときに重要になるのは、どのようなことでしょうか。それは、余裕を持って利用できているか、ということです。この余裕を持たずに利用している方が意外と多く、それではキャッシングを上手に利用しているとはいえません。そこで、余裕を持つことによってどのように変わるのか、知っておいてみてはいかがでしょうか。

まず、余裕を持てるだけの状況を作ることが最重要です。この状況を作っておけば返済することができない、という事にもなりませんし、返済に困ることにもならないでしょう。

また、ある程度日数に余裕を持って返済をすることによって、企業からの信頼度も上がると言われています。この信頼度が上がれば利用限度額にも影響するので、なるべく余裕を持たせるようにしましょう。

余裕を持ってキャッシングを利用すること、これはそんなに難しいことではないはずです。これからキャッシングを利用する方は、この余裕を持つということを念頭に置いて利用しましょう。

キャッシングの返済が困難になったら

キャッシングの返済をしてどうしても返済するのが困難になった時にはいくつかの対策があります。

それが債務整理、民事再生、自己破産です。これら3つを利用する事により比較的簡単に借金を返済できます。

まず債務整理ですけど、これはこれから返済していく部分の金利がすべて省かれます。つまり金利の部分は返済しなくてもいいですので結果的に返済額が減ります。

そして民事再生ですけど、こちらは借金自体を減額してもらえます。かなりの額を減額してもらえますのでかなり返済が楽になります。ただし、裁判所に返済が困難である事を認めてもらう必要があります。

ここで注意してほしいのが住宅ローンだけは対象外になってしまう事です。

最後に自己破産があり、こちらは破産手続きが完了すると借金がすべてなくなります。

以上のような対策があります。どれも借金返済を楽にする処置になります。また、上記3つの事をしますとしばらくの間クレジットカードなどの審査は通りませんけど借金の苦しみから開放される事に代わりはないです。

免許は学生のうちに取ったほうがいい

社会人になって思ったことは、まとまった時間がほとんど取れないということ。有給制度はあっても同僚や上司に気兼ねしてまとめてなんて取れないし、職種によってはゴールデンウィーク等も仕事のところもある。

そんな会社の先輩がガソリン代節約のためバイクの免許を取りたいと言うので、バイクの免許を持った僕が色々教えることになった。やはり教習所は合宿が安く、みっちり教習するので日数も短い。しかし社会人だとまとまった休みが取りづらく、結局仕事が終わってから夜間営業の教習所に通うことになった。

教習自体は難なく進んだが、日数がかかり2ヶ月ほどかかったらしい。先輩曰く、「無理してでも学生のころに取りに行けばよかった、学生がうらやましいよ」とのことだった。

僕は学生の頃、夏休みに合宿で取りに行ったので、その苦労は味わうことがなかった。アルバイトで貯めたお金で2輪免許を、その後普通免許を取った。30万円ほどかかったが、ローンを組んで取った。車の免許は就職でも役に立ったし、やっぱり学生の頃に取っておいて良かったと思う。

最近の教習所では高校3年生でも親に保証人を頼めばローンを組む事もできるようだ。教習所も顧客集め大変のようで、教習所にとってもローンは必須みたいだ。

キャッシングはしっかりと利用すればよりオトクに

キャッシングを利用するならば、当然よりオトクに利用したいところですよね。しかしどうすればお得になるのかがわからない、という方もいるでしょう。そのような方は、まずキャッシングと利用の仕方について確かめておくことをおすすめします。

キャッシングを利用するときに気をつけたいものは、そう複雑なことではありません。しっかりと期限までに返済をすることです。そうすれば次に借りるときに限度額を上げてもらえる事にもなりますし、金利も探す可能性まであるのです。

このようにしっかりと利用するためには、適当にキャッシングを利用していてはいけません。事前に計画を立てて、それに則ったキャッシングの利用をする必要があるのです。

しっかりと返済をすること、この当たり前のことをしておけば、キャッシングはよりオトクになるのです。もしこれからキャッシングを利用するという場合には、まずしっかりと返済出来るだけの計画を立ててからにしてみてはいかがでしょうか。

キャッシングを初めてした時の思い出

私は北海道の道南に生まれ育ち青春時代を北海道の大自然の中で過ごしました。

 

そんな私は高校時代から麻雀を友達とやるのが趣味でお金をかけずに友達と徹夜麻雀をする事もよくありました。

 

そして私は北海道の高校を卒業して漁師になりました。

初めての漁はオホーツク海沿岸でのサケ漁でした。

 

私は初めての真冬のオフーツク海を経験して早くも漁師を辞めたくなりましたが、何とか気力で最初のサケ漁の1ヶ月間だけは乗り切って持ちこたえました。

 

私は一ヶ月ぶりに日本の北海道の土を踏んで安心すると同時に女性と遊びたいという欲求が抑えきれなくなりそれまで一ヶ月間働いた一ヶ月分のサケ漁の給料を全て北海道の港町で散財をしてしまいました。

 

そんな「サケ漁に行き、帰ってきたらほぼ全て全額港町で給料を使い切る」という典型的な漁師の金遣いを続けているうちに私は気がつけば消費者金融からお金を借りて飲み屋のツケを返す必要に迫られていたのです。

 

私は生まれて初めてその時に消費者金融からキャッシングを行いました。

初回の融資額は30万円でした。

キャッシングは利用目的に応じて使い分けを

キャッシングサービスは業者によって借り入れ条件やサービス内容が異なり、利用目的に応じた業者選びが重要になります。利用目的にあったサービスを選択することでお得に利用できるようになり、返済計画も余裕をもって組むことができるようになります。

短期間で返済するめどが立っている方は、金利無料期間のあるキャッシングが適しています。一定期間内に全額返済することで金利負担がゼロになるサービスを活用すれば、コストを負担することなく現金を用意できます。

ある程度長期間借りる方は、低金利キャンペーンを行っているキャッシングサービスを選びましょう。

キャッシング業者は特定の利用者を対象にしてキャンペーンを定期的に開催しており、常にどこかの業者がキャンペーンを行っているのが現状です。利用条件に当てはまれば、とってもお得な金利でキャッシングを利用することができます。キャッシングを利用する必要が出たときは、まずは何か利用可能なキャンペーンが無いかどうかチェックしてみましょう。

男性アイドルのコンサートチケットが欲しくて消費者金融からキャッシング

どうしても参加したかった男性アイドルグループのコンサート。

友人と力を合わせて、ようやく「バックステージ席」だけ入手できました。

バックステージとは、ステージの背面の席。それでも入手できたのは奇跡のようなもので、たとえ後ろ姿しか見えなくても、大好きなアイドルと同じ空間にいれたらそれでいいと思っていました。

 

けれど会場に行ってみるとダフ屋の人が声を張り上げています。

「いい席あるよー、アリーナ前から9列目ー」

私は友人と顔を見合わせました。

「どうしよう」「きっと高いよ、何万もするよ」

それでも、コンサートは今年最後。いえ、来年はチケットさえ手に入らないかもしれない。

その衝動につき動かされて、ダフ屋の所へ走って行きました。

交渉すると、最初は2枚で9万5千円。

「でもお嬢さんたちのチケット買い取ってあげるから8万円でいいよ」と言ってくれました。

8万円・・・決して難しいお金じゃない。

でも今は持ち合わせがない。私は意を決して駅前にあった消費者金融まで走りました。

「急いでるんです」と言って審査をお願いしました。

待っている間中コンサートに来た事、いい席が買えそうな事を受付の人に話していると、受付の人が審査を担当する人に急かしてくれました。

15分くらいしてようやく審査OK。

「楽しんで来てくださいね」という言葉と共に手渡された10万円を持って会場に戻りました。

ダフ屋からアリーナ席を買って、近くでアイドルの姿が見れました。宝物のような1生の思い出です。

 

便利になったキャッシングやカードローンの契約方法

様々なサービスを利用する時、私たち消費者は企業との間で契約を結ぶことが多いです。それが金融商品になれば、契約の重要性は計り知れません。

キャッシングやカードローンは、各金融機関が消費者に対して小口融資を行う金融商品です。消費者はお金を借りる側であり、借りた後は金融機関に対して契約に則った返済を行う義務があります。その為、キャッシングやカードローンを利用する際には必ず契約を結ぶ必要が生じるのです。

しかし、現在のキャッシングやカードローンの契約は、昔ながらの契約書の締結という形とは少し異なっています。というのも、インターネットを利用してweb上だけで融資契約を結ぶことも可能になっているのです。

このweb完結で融資契約を結ぶことができる金融機関は、まだ決して多いというわけではありません。しかし一社がこのシステムを取り入れることで他社も追随してくることになるので、少しずつweb完結型のキャッシングやカードローン商品は増えていくと思われます。そうなれば、私たち消費者にとってキャッシングやカードローンはますます使いやすい存在になるでしょう。

学生でも借りやすい消費者金融

学生であってもどうしてもお金が必要な時があるかと思います。欲しいものがある、学費のたしにしたい等ございますが金融機関では気軽に貸してくれるほど甘くはございません。そこで今回ご紹介したいのが学生であっても借りやすい消費者金融です。

 

例えばですが、学生の皆様であればアルバイト等の定期的な収入があるかと思います。また学生証のように身分を証明するものさえあれば比較的問題はございません。審査に1週間から2週間はかかってしまいますが、消費者金融によって10万円の枠で貸していただける所もございます。そして学歴によっても異なるようで、高学歴であれば将来性を見込んで20万円、30万円と枠が拡大していきます。もちろん、返済期日にお金を返済していればどの学生であろうと枠は拡大していきますのでご安心ください。

 

ただし、お金が借りられるとは言っても借金に変わりありません。そのため必ず返済期日を守ってお金を返済していきましょう。そうしないと金利で苦しむことになります。